植物に囲まれた暮らしへ!外壁緑化のメリットとは?

涼しく快適な暮らしを実現

外壁緑化とは、外壁に植物をはわした状態を言います。これによって得られるメリットは、日差しを守ってくれるために室内の温度上昇を防いでくれます。温度上昇が防げるのなら空調設備の使用も軽減でき、節約やエコにもつながります。強い日差しを守る働きから外壁の劣化も防いでくれるので、建物にとっても外壁緑化は優しい効果があります。

その他にも、寒い時期は植物から出る水蒸気がほどよい湿気となって乾燥をやわらげてくれます。見た目も自然な雰囲気を強調してくれるので、自然が大好きな人には特におすすめです。

ただし、外壁緑化を実行するには手間やコストがかかります。植物をはわせるためにネットを装着しなくてはいけない場合もあり、植物の管理も怠れません。これらを上手く行うことで、美しい外壁緑化が実現できます。

外壁緑化に最適な植物

外壁植物に最適な植物は、まずツル科の植物を選ばなければいけません。代表的なのがゴーヤがあり、暑さに強いので非常に育てやすい特徴を持ちます。ゴーヤは実がなるので家庭菜園で育てている人も多く、収穫しながら外壁植物としての役割も果たしてくれるために人気があります。

次に、同じ実がなる植物ではきゅりやトマトなども最適です。どちらもゴーヤ同様に育てやすい特徴があり、どんどん成長するので外壁をすぐに覆ってくれます。

野菜以外では、アサガオもツル科の植物として役割を果たしてくれます。アサガオはツルが伸びるスピードが早いので、定期的にツルをきれいに管理する必要がありますが、きれいな花を咲かせてくれるので見た目を楽しませてくれます。

壁面緑化は建物の壁を植物で覆うことで断熱性が向上する効果がありますが、手入れが難しい問題があります。初めて行う際は病害虫に強く、プランター栽培が出来る品種で少しずつ数を増やすのが成功の秘訣です。