座いす感覚でリビングをおしゃれに演出!ローソファの上手な使い方

ローソファの特徴とメリット

ローソファは丈が低いソファを指し、製品によっては座いすのように床に置いて使うスタイルになるのが大きな特徴です。一般的なソファと比べて丈が低いことから座布団や座いすと同じ感覚で使うことが出来ます。デザインも座いすに近いので和室に置いて使用しても違和感が無いのがメリットです。また、軽量な製品が多いので持ち運びがしやすく、室内の清掃も丁寧に行うことが出来ます。ローソファは普通のソファよりも安価な製品が多いので、インテリア用品を少ない予算でそろえる際に重宝します。背もたれを倒すことが出来る製品も市販されているので、簡易的な寝床として使える汎用性の高さも魅力の一つです。

ローソファを上手に使うための工夫

ローソファは特有の形状からくつろげる居住空間に適しています。また、腰掛ける部分が低いので人によっては立ち上がる際に体に大きな負担がかかってしまうことがあります。そのため、応接室や待合室など不特定多数を相手にする公的な場には不向きです。住宅や店舗の座敷などに向いている作りですが、デザインでイメージが大きく変わるので慎重に選ぶことが重要になります。

ローソファのお手入れはシートの汚れを取り除き、内部のクッション材を傷めないように気を配ることが大切です。長く使い続けるためには汚れをこまめに取り除き、日焼けや水濡れを避けることを心がけます。特に住宅での使用は汗や食べこぼしなどの汚れが付着しやすいことから、常に清潔な状態を保つのがローソファを長持ちさせる条件です。

ローソファとは、その言葉の通り高さが低いソファのことを指します。ソファは、幅、高さを取る分存在感が大きいですが、その高さを低くすることで、圧迫感を減らし、部屋を広く見せる効果が期待できます。